■自転車を取り巻く環境


●最近、街でよく自転車レーンが設置されている道路を見かけるようになりました。

●また、シェアサイクルも増えてきました。 

 

自転車を取り巻く環境、自転車を見る目も変わってきたのでしょうか。

2017年5月1日に施行された「自転車活用推進法」では、自転車を次のように位置づけています。

 

 (1)自転車は環境負荷の低減を図ることのできる環境に優しい乗り物です。

 (2)自転車は災害時の交通機関としても有効性が高い乗り物です。

(3)自転車は健康増進にも役立つ乗り物です。 

そうした自転車活用推進法の後押しもあってか、最近さらに、自転車専用レーンや専用競技施設の整備が進んでいます。 

 ※私たちNPOビーンも専用駐車場の整備や、レンタサイクルを進めています。

 ●こうした自転車の活用促進の新しい動きとしてJR東日本が推進する、BBBASEをご紹介しましょう。

これは、サイクリストにはうれしい電車です。

自転車を折りたたまずに電車に乗り込むことができる工夫をこらしているのです。

この電車は週末などに房総方面へ向けて運行されているようです。

BBBASEなども活用して、さまざまな場所を自転車で訪れる人がもっと増えていくのでしょうね。

 ※ NPOビーンは今後とも、環境にやさしい自転車の活用を促進し、エコでコンパクトなまちづくりを進めていきます。


■国が進める「自転車活用推進法案」の概要


もっとも身近な交通手段である自転車の活用を総合的かつ計画的に進める事を目的としているのが「自転車活用推進法案」です。
法案は、超党派議員でつくる「自転車活用議員推進連盟(自転車議連)」会長・谷垣禎一衆議院議員)により、平成25年12月20日提言されました。

基本理念(概略)
・自転車は、二酸化炭素など地球環境に影響与える物質、騒音などを発生しない。また災害時において機動的である。
・自動車への依存を低減することで、国民の健康の推進と交通混雑の緩和につながる。(以下略)

国、地方公共団体、公共交通関係事業などが一体となって、自転車の活用推進の施策を計画的に策定、実施するとして、以下のような基本方針(抜粋)が示されました。

・自転車専用道路、自転車専用通行等の整備
・シェアサイクル施設の整備
・高い安全性を備えた良質な自転車の供給
・交通安全にかかわる教育及び啓発
・自転車改善に寄与する人材の育成及び資質の向上
・自転車活用による国民の健康保持の増進